奥手な草食系男子が婚活に成功する方法を紹介しています。

草食系男子が婚活に成功する方法

消極的な男性は婚活に失敗しやすい!

婚活に失敗しやすい男性のタイプとして「消極的」ということが挙げられます。

 

お相手探しに対する熱意や女性に対してのアプローチの仕方などで消極的な男性のことです。

 

「結婚したいから婚活しているのに、そんな男性はいないでしょ!?」と思う女性もいるかもしれませんが、実際に婚活中の男性に会ってみると意外に多いんですね。

 

マッチングサイトに登録したのに、検索するだけで全然アプローチしてみなかったり・・・。

 

結婚相談所に入会してお見合いしているのに、交際に向けてコトを進めようとしなかったり・・・。

 

女性からしてみれば、なんでもっと積極的に行動しないのかな!?と疑問に思われる訳です。

 

でも、これには注意点がいくつかあります。

 

一つ目は上記の意見は全て女性からの視点で書いてあることです。

 

 

 

◆あなたに興味がない

 

女性が婚活男性に「もっと積極的になって欲しい」と感じるケースで多いのは、決して男性が消極的なのではなくてその女性に対して興味がない場合です。

 

・会って話してみたけど、自分の理想とは違うな・・・
・話が合わないな。キリのいいところで切り上げよう

 

なんて考えながら、女性とお話している男性が結構いるのですが女性にとっては「消極的」と映るみたいです。

 

この場合は男性が消極的な訳ではないのですが、実際に消極的な男性も多いようです。

 

 

 

◆自分の気持ちを表現しよう

 

さきほどは女性の勘違いについて書きましたが、ここからは男性側の問題について書いてみたいと思います。

 

簡単にいえば先程のケースとは逆のパターンのことで、お会いした女性に好意を持っていても相手に伝わっていないことが多いということです。

 

男性の中には恥ずかしかったり不器用だったりで、自分の気持ちを相手に伝えることが下手な人が意外に多いです。

 

笑顔などの表情もうまく出せずにいると、女性は「私といてもつまらないのかな!?」なんて感じたりします。

 

それでも「また、お会いしたい」と男性から伝えると、「ん!?楽しそうじゃないのに、また会いたいってキープされたってこと!?」と勘ぐってしまうことにもなりかねません。

 

女性側があなたの気持ちが分からない状態で会っているのに、男性は会うたびに好きになっていくと、お互いのテンションに随分違いが出てきます。

 

で、男性は今まで伝えきれなかった気持ちを伝えようと、いきなり「僕と結婚して下さい。」なんてプロポーズしたりするんです。

 

女性側からしたら「えっ・・・!私のこと好きだったの!?」と驚き慌ててしまうのです。

 

女性が少しでも好意を持っていたら良い方向に進むこともあるかもしれませんが、ほとんどの場合は「何を考えているか分からない人」ということで交際不成立となります。

 

普段から好意や関心など自分の気持ちをしっかりと相手に伝えることは、婚活中も結婚してからも大切です。

 

そういうことが苦手な男子は、意識して自分の気持ちを相手に自然に伝えていきましょう。