奥手な草食系男子が婚活に成功する方法を紹介しています。

草食系男子が婚活に成功する方法

婚活に失敗する男性

婚活に失敗する男性の特徴について調べてみました。

 

消極的な男性は婚活に失敗しやすい!

婚活に失敗しやすい男性のタイプとして「消極的」ということが挙げられます。

 

お相手探しに対する熱意や女性に対してのアプローチの仕方などで消極的な男性のことです。

 

「結婚したいから婚活しているのに、そんな男性はいないでしょ!?」と思う女性もいるかもしれませんが、実際に婚活中の男性に会ってみると意外に多いんですね。

 

マッチングサイトに登録したのに、検索するだけで全然アプローチしてみなかったり・・・。

 

結婚相談所に入会してお見合いしているのに、交際に向けてコトを進めようとしなかったり・・・。

 

女性からしてみれば、なんでもっと積極的に行動しないのかな!?と疑問に思われる訳です。

 

でも、これには注意点がいくつかあります。

 

一つ目は上記の意見は全て女性からの視点で書いてあることです。

 

 

 

◆あなたに興味がない

 

女性が婚活男性に「もっと積極的になって欲しい」と感じるケースで多いのは、決して男性が消極的なのではなくてその女性に対して興味がない場合です。

 

・会って話してみたけど、自分の理想とは違うな・・・
・話が合わないな。キリのいいところで切り上げよう

 

なんて考えながら、女性とお話している男性が結構いるのですが女性にとっては「消極的」と映るみたいです。

 

この場合は男性が消極的な訳ではないのですが、実際に消極的な男性も多いようです。

 

 

 

◆自分の気持ちを表現しよう

 

さきほどは女性の勘違いについて書きましたが、ここからは男性側の問題について書いてみたいと思います。

 

簡単にいえば先程のケースとは逆のパターンのことで、お会いした女性に好意を持っていても相手に伝わっていないことが多いということです。

 

男性の中には恥ずかしかったり不器用だったりで、自分の気持ちを相手に伝えることが下手な人が意外に多いです。

 

笑顔などの表情もうまく出せずにいると、女性は「私といてもつまらないのかな!?」なんて感じたりします。

 

それでも「また、お会いしたい」と男性から伝えると、「ん!?楽しそうじゃないのに、また会いたいってキープされたってこと!?」と勘ぐってしまうことにもなりかねません。

 

女性側があなたの気持ちが分からない状態で会っているのに、男性は会うたびに好きになっていくと、お互いのテンションに随分違いが出てきます。

 

で、男性は今まで伝えきれなかった気持ちを伝えようと、いきなり「僕と結婚して下さい。」なんてプロポーズしたりするんです。

 

女性側からしたら「えっ・・・!私のこと好きだったの!?」と驚き慌ててしまうのです。

 

女性が少しでも好意を持っていたら良い方向に進むこともあるかもしれませんが、ほとんどの場合は「何を考えているか分からない人」ということで交際不成立となります。

 

普段から好意や関心など自分の気持ちをしっかりと相手に伝えることは、婚活中も結婚してからも大切です。

 

そういうことが苦手な男子は、意識して自分の気持ちを相手に自然に伝えていきましょう。

 

 

フラレてもフラレても・・・辛いけど前向きに!

消極的な男性の典型的なパターンは、いろいろと考えるうちに気持ちが萎えていくことです。

 

好きな女の子ができても、「告白してフラれたらどうしよう・・・」とまだ何もしていないのに悪いことばかり考えてしまいます。

 

そのうち「フラレるのはツライから、告白なんてやめておこう」と何故か心に強く思ってしまいます。

 

「絶対あの子と付き合いたい!」という強い気持ちだったいいのですが、なかなかそっちには気持ちが向かないようです。

 

 

 

確かに好きな女の子に告白してフラレたら、それはツライです。

 

長い間思い続けてきた「好き」という感情を、全て否定されたみたいで落ち込むのは当然のことです。

 

フラれ続ければ慣れる!なんてことをいう人もいますが、何回フラレてもツライものはツライです。

 

 

 

だったらフラレないように努力することをしてみませんか?

 

フラレて落ち込んでいる人って、どうしてフラレたのか原因も分からない人が多いんです。

 

告白が成就しなかったのには、何か理由があるはずです。

 

それが分かれば、起死回生の挽回のチャンスがあるかもしれませんし、例えそこは無理でも別の人との出会いに活かせるようになります。

 

 

 

でも・・・、
告白しなければ「原因分析」もなにもありません。

 

行動を起こさないと何も始まらないのは、みなさんも分かっていると思います。

 

それでもなかなか行動に移せないのが人間ってものです。

 

行動できるかどうか!?

 

それが婚活に成功するかどうかの別れ目です。

 

 

 

消極的な自分が嫌だと思うなら、少しずつ行動に移していきましょう。

 

結果がうまくいくかどうかは別で、成でも否でも結果が出ることが大切です。

 

成ならOK!、否なら原因を見つけて改善していきましょう。

 

人生ってこの繰り返しですから!

 

 

 

 

自分に対して冷静な目で見つめ直してみよう。

消極的な男子に人気の婚活サービスといえば、インターネットのマッチングサイトです。

 

合コンとか婚活パーティーのように初対面でいろいろと話をしなければならないことがないので、安心して婚活できるということです。


恥ずかしがりやだとか人見知りという男子なら、ネット経由の出会いやメールで知り合うような出会いがちょうどよい距離感ですね。

 

もちろん最終的には直接会わないといけないのですが、そこまでのやり取りで少しはコミュニケーションも深まっていることでしょう。

 

婚活パーティーみたいに初対面でいきなり自己紹介するよりは、準備期間がある分だけいろいろと考えながら進められます。

 

 

 

しかし、ここでも消極的な男子の場合は、異性との関係を深めることを迷ってしまいます。

 

そろそろ会ってもいいかな?って頃合いになっても、なかなか「会いたい」と言い出せずにいるのです。

 

そうこうしているうちにお相手の女性も「私には興味がないのかな・・・」と思ってしまうわけです。

 

そのまま会うことをためらっているうちに、女性からお断りされてしまうという婚活の失敗パターンを繰り返してしまいます。

 

 

 

会ってガッカリされるのが辛いのです。

 

それ以上深い仲になって嫌われるのが怖いのです。

 

 

 

結婚したいと思っているのに、ついついそういうふうに考えてしまうのです。

 

婚活に失敗する男性は、何も起こっていないのに最悪のシチュエーションを想定して落ち込むのです。

 

 

 

こうやって書いてあることを読むと、「なんて意気地のない男なんだ」と思うことでしょう。

 

第三者のことなら冷静に見て感じ取れるのです。

 

それがいざ自分のこととなると、冷静ではいられないのです。

 

 

 

婚活サイトでお相手とのやり取りが進んできたら、冷静に自分の行動を見つめなおしてみましょう!

 

 

「どう!男らしいでしょ!?」って意味不明なことしないでね

普段は消極的な男子が、いきなり何を思ったのか積極的な行動に出る時があります。

 

しかし、こういう場合はかなりの確率で、スベってしまうことが多いんです。

 

例えば、初めて会う女性に対して、いつもは相手の様子を伺いながら行動する人が、「男は少しくらい強引でなくちゃダメ!」なんてアドバイスを受けて・・・・。

 

意味不明の身勝手な行動を取ってしまうのですwww

 

お食事をするお店を一人で決めて、注文するメニューも相手の希望を聞かずに勝手に注文。

 

「どう!男らしいでしょ!?」


意味不明です。

 

多分、女性からすると、なんて自分勝手な人なんだろうってマイナスイメージしか持たれません。

 

「キャ~素敵!男らしい!!!」なんてなるわけないのです。

 

確かに多少の強引さは必要ですが、強引さを出すタイミングが違うんですよ。

 

その辺のタイミングを心得て行動するのは、かなりの上級者です。

 

普段はおとなしい人がそんなことをするのは、なるべくならやめたほうがいいです。

 

それだったら、本来の大人しい草食系の男子をベースに、たまに男らしい発言や行動をする方がいいと思います。

 

間違っても意気込んで、傍若無人な立ち振舞はしないでくださいね。

 

でも、女性無料の婚活サイトで知り合った場合などは、少し状況が変わるかもしれません。

 

無料参加の女性なので、基本的にデートは全て男性持ちが当たり前の人種です。

 

そういう人には、ある程度自分の思うように行動してみるのもいいかもしれません。

 

でも、極力無茶な行動や言動は避けて下さいね。

 

あくまでも、相手の反応を見つつ・・・ってことで。

 

 

 

 

 

 

独身者が交流する場が必要ですよね

独身者が交流する場にいって初対面の方と出会えることがドキドキしたのです。

結婚を意識すると期待はずれで、タイプの人からアプローチされることは叶いませんでした。

 

結婚相談所に参加すると、年長の方も活動していますが、アラサー前の人も数多いことにショックを感じました。

 

みんな若い頃から婚活を始めるんだなって後悔しました。

 

結婚相談所に申し込むと、同年齢の方もいますが、若々しい人もよく目にすることにショックを感じました。

 

20代早々で婚活をスタートさせるんだなって驚きました。

 

婚活サイトでいいなと思った人でも倹約家でない場合は、注意が必要です。

 

結婚しても前から払っている浪費については、何かと理由をつけて契約解除することができないことが多いです。



 

結婚したら決まった給与の中でやりくりしていかないとダメです。

 

そのため奥さんが浪費癖があると、管理を託すことはできないです。

 

婚活サービスとは悪い出会い系サイトとは全く違っていて、お付き合いを目標とした恋人候補探しをする方が婚活している良心的な出会いの場です。

 

婚活サービスにおいては一部で悪い人が登録している場合が多々あります。

 

そういう実績があると、すぐに追い出されるので実際には少数です。

 

婚活サイトならば料金が発生するので、本気で婚活したいと願っている人が登録しています。

 

ちょっとくらい費用が高くなっても参加者が多いのは、信頼度が高いと言えるからです。

 

 

 

独身がいない会社だったので、まったく女の人と知り合うチャンスがありませんでした。

 

婚活しなければずっと結婚できないかと焦ってしまい、ネット婚活に参加しました。

 

20代が終わってから婚活サービスに登録したのですが、周りを見渡してもまだまだ私は年齢的に若かったので婚活イベントに参加して、出会えるとは思わなかったような人と知り合うことを見込んでいました。

 

結婚を決められない理由として、
・給料が少ない
・アルバイトなので不安定な身分
・異性と知り合う機会がない
・子供ができたら楽な生活ができるか心配
など、実際のことが要因で夫婦になれないようです。

 

一緒になったものの別居することになったのであればそれなりには結婚できる可能性があるかもしれませんが、結婚経験のない人は何か面倒なことでも抱えているのではないかと勘ぐってしまいます。