奥手な草食系男子が婚活に成功する方法を紹介しています。

草食系男子が婚活に成功する方法

それでも結婚しました

苦労して婚活した甲斐もあって、結婚することが出来た人たちのお話です。

 

付き合って7ヶ月目にプロポーズ

私が子どもを関わる仕事からお花の仕事へ転職した頃、知り合いの紹介で知り合いました。

会社員で3つ上の今の主人です。

その前の彼は遊びを知っている人だったので主人とはタイプが正反対で、正直、真面目で少しつまらないな・・・というのが初めに会った時の印象でした。

 

当時は「草食系」という言葉がなかったですが、今なら間違い無く「今度は草食系かぁ~」って感じだったと思います。

 

それでも、何度かデートを重ねるうちに誠実で大切に想ってくれていることに安心感を持ち、付き合い始めて7ヶ月目記念にプロポーズをしてくれました。

場所はディズニーシーでした。

ジャケットでデートに来たことはなかったので今日は「随分、気合はいってるなぁ」と思っていたら、夜にエントランスすぐの大きな地球儀の前で「結婚しよう」とプロポーズをしてくれました。

結婚の話は出ていたのですが、まさか今日!という驚きもあり、嬉しくてびっくりして泣いてしまいました。

 

付き合い始めて私の両親や知り合いに会ってもらうときも主人は誠実に接してくれたので、「この人なら」と思いました。

それでも結婚を決めて、式を挙げるまでには「ホントにこのまま結婚してもいいのか・・」と不安になりマリッジブルーにもなりました。

それでも今では可愛い息子にも恵まれ楽しくて、幸せです。

 

あのマリッジブルーが懐かしく今ではどうしてあんなに不安がってたのか、笑い話になるくらいです。

 

草食系の男子も気合を入れて告白すれば、あなたの気持ちは相手に伝わるはずです。

 

勇気を出してみてはどうでしょうか!?

 

 

高校時代の友達は独身が多いんですよ!

学生の頃の周囲の人はまだ結婚できない人が多いです。それに加えて30代になって、独身のままという感じの人しかいません。

 

独身者がいない友人しかおらず、男性と出会う機会がありませんでした。恋人探しをしないと永遠に結婚できないかもしれないとビビってしまい、結婚情報サービスに申し込みました。

 

この婚活サイトに入会した根拠は参加条件が安心できて、不安に思うサクラみたいな人が入会していないだろうと何となしに考えたためです。

 

以前と比較して婚活サイトの種類も増えてただちに日にちがいくことができるプラン・サービスを見つけることが可能です。

 

結婚はしたものの別居することになったのならそれなりには結婚できる可能性があってもおかしくないですが、結婚経験のない人は何かしらの問題でも隠されているのではないかと思わずにはいられません。

 

お見合いパーティーでは思ったほど理想のタイプも出逢うことはなかったし、会ったばかりの人を未来のパートナーとして見定めることはメンタルが結構疲れたんです。

 

結婚する意志が固まらないのは、低年収である、アルバイトなので雇用が不安定、異性と知り合う機会がない、子供を持っても生活できるか心配など、具体的なことが原因として結婚できないようです。

 

結婚したい人を支援する婚活サービスも増加しているので、結婚活動を簡単になっています。

 

将来のパートナーを探すのですが、婚活応援企業が提供しています。

 

仲良しの友人はほとんど結婚して、出産もしているし、「結婚しないの?」とよく言っていた両親もいい年になったから諦めてしまったのか結婚することについて少しも聞かなくなりました。